バッテリー再生延命器

HOME > 製品 > バッテリー再生延命器

バッテリー再生延命とは

日本初の再生技術(特許技術)

によりバッテリーの再生・延命利用が実現

バッテリーは再生可能 (バッテリーは消耗品ではありません)

BRS(バッテリー・リユース・システム)技術は、電極のサルフェーションを高周波のパルス電流で鉛イオンと硫酸イオンに還元し、バッテリーの蓄電能力を回復させ再生充電できるようにするものです。
論理的には、バッテリーが物理的に壊れない限り何度でも再生が可能で、半永久的に使用できるようになります。

対象二次蓄電池
鉛蓄電池
・据置型(MSE・HS・CS
小型制御弁式など)
・電気自動車用
・自動車用
・フォークリフト用 など
アルカリ蓄電池
・据置型(AH/AHHなど)
・無人搬送車用 など
ニカド・ニッケル水素蓄電池
・非常灯用
・電動工具用 など

バッテリー再生のメリット

コストの低減
再生利用により、大幅なコスト低減が期待できます

・およそ1/3〜1/4のコストでバッテリーが復活します。

環境負荷の低減
日本では現在、年間4,000万個ものバッテリーが産業廃棄物として処分されています。

・排出廃棄物量の低減
・鉛、カドミウムなど重金属含有排水の排出低減
・ライフサイクルコストの低減
・エネルギー消費の低減
・資源消費の低減など、バッテリーの再生利用は
環境負荷の低減に寄与します。

バッテリー再生事業について
RICA SERIES ライカシリーズ
お問い合わせ

資料請求・カタログご請求・お問い合わせはこちらまで

058-391-7711お問い合わせフォーム

ページ上に戻る

製品

コンクリートポンプ
ポンプ車ラインナップ
中古ポンプ車情報
サービス
食品乾燥機
製品詳細
バッテリー再生延命器
バッテリー再生延命の流れ
ライカシリーズの紹介

企業情報

  • 大一・テクノとは
  • 製品
  • 会社概要

製品情報

  • 最新鋭Xシリーズ
  • ピュールナチュラ-n